塾を経営したいあなたへ|オーナーへの道程

導入への敷居が低くなった

レジ

本部集約のメリット

POSレジシステムは今でこそ当たり前ですが、導入に至っているのはごく最近の事です。POSレジシステム自体高価な製品であったため、導入コストに二の足を踏んでいる企業が多かったのです。インターネットの普及により、POSレジシステムもアプリケーションで対応できるようになっています。これにより導入が加速化して、今ではどの企業でもPOSレジを当たり前のように使用しているのです。販売管理を中心に行うPOSシステムはリアルタイムのマーケティングを実現することに用いられています。そして現代では、予約管理システムや、在庫管理システム、オーダーシステムやシフト管理システムなどを統合することが一般的になっています。店舗の運営は、店舗がすべてを行うのが一般的でしたが、本部に一元管理する項目を増やすことで、店舗の工数を削減し、販売に注力できるようにしているのです。さらに本部に集約することで全社の売上やコストなどを把握しやすくなります。会社にとってのメリットは非常に大きくなります。マーケティングは店舗単位で行うより全社単位で行った方が俯瞰することができます。そのため、本部でのマーケティング分析の結果を店舗にフィードバックするスタイルで改善活動を行います。店舗は、本部の指示に従って店舗改善を実行するのみになりますので、店舗負担を軽減することも可能になります。効率的な人材管理も可能になるため、繁忙の近隣店舗へのヘルプなども可能になります。